乳腺炎について

乳腺炎とは乳腺の炎症のことです。乳腺炎といっても、三つの種類があります。

うつ乳は乳房の一部の乳腺からの乳汁の流れが悪くなり、濃縮した乳汁の塊が乳管を閉塞し、その乳腺が腫れて痛い状態です。非感染性炎症は乳房の一部が腫れて痛い、皮膚の一部が赤い、発熱する状態です。急性細菌性感染症は乳房の全体が腫れて、皮膚が赤くなり、とても痛い状態です。

乳腺炎の痛みって、どんな痛みですか?最初の痛みは、「なんとなく乳房がチクチクする」という程度の痛みです。授乳の際に少し痛みを感じたり、押すと鈍い痛みを感じたりします。腫れや赤みが出てくると、その部分は熱を持ち、ピリピリとしてきます。痛みが弱い初期のうちに、自分で適切な対処ができれば、必ずしも病院へ行く必要はないと言えます。

乳腺炎の原因は様々です。育児疲れは原因の一番最初にあげたいと思います。授乳中の食事も乳腺炎を引き起こします。動物性脂肪が一番詰まりやすいです。乳腺圧迫は乳腺炎を引き起こす結構重要な原因です。

どんな人が乳腺炎にかかりやすいですか?乳腺炎にかかった女性には産後間もなく、母乳の分泌量や赤ちゃんの飲める量が安定していないママが多いようです。

乳腺炎の時は授乳してもいいですか?赤ちゃんに影響のある薬を飲んでいない、母乳に膿が出ていない状態であれば授乳することはできます。授乳する時は、いつもと違う姿勢を取って、赤ちゃんにまんべんなく母乳を飲んでもらうようにしましょう。

☟ED治療薬

Copyright© 2012-2013 乳房に痛みがあって、どうしたらよいでしょうか? All Rights Reserved.