何首烏の乳房効能効果が主治医と役割何首烏

2016-07-27

p>何首烏の主治医<効果、かしゅうの薬用効果、かしゅうの味の甘渋み、性は暖かくて、具の利点の腎臓を補って、強筋骨、益の神髄、血、滋陰、渋み精功、故使える肝肾阴虚諸証.『本草綱目》:腎主を隠して、肝臓の主疏泄、冬山気温味は苦くて渋くて、苦くて腎臓を補って、温補肝、収斂精気だから、血の肝、固リーン腎、健骨、烏口ひげ髪を栄養補給する良薬.下記の病気治療に用いて治療する主要な治療.

腰のひざ

この症は腎臓のびくびくするのは主に、腎臓の息の不足は、腰の柔らかい力がなくて、腰の酸っぱい、腰痛.肝臓の腎臓の相同、腎气虚は肝血不足、筋を飼って路頭に迷いますが、膝の柔らかい無力、兼見手足冴え、好きです、暖かく、耳鳴り,小便清長や頻度、大便糞便潟、脱毛、インポテンツ、舌の質が薄くて、脈は細くて瀋んで.可配合ニョテイ、旱莲草、生、希益の草,杜仲など.

p> <腎臓のびくびくするめまい

腎臓は精生を隠すため、先天のため、先天の本として.一員あるいは老年の腎臓の息の衰弱、または不動労過度均を亏耗腎精.脳は髄の海、腎精髓亏耗は海の不足により、会ってめまい.何首烏具腎臓を補って益精の功用の腎臓の息の、だから堅強筋骨,乳房、益の息、生髄、渋み精止瀉.可配合茯苓、ひざ、当帰、枸杞子、ネナシカズラ、補充骨脂など.

夢精

本品には腎臓の息の固夢精.無夢で表現遺伝、さらに滑り潟思わず、腎臓に精制でない、またはない一員、房室節、色欲などの要因による過度.何首烏その味で渋いの腎臓を補って、益の息、渋い精止遺伝.

こしけ

本品に腎臓のびくびくするこしけ証 .表現こしけ清稀は水のようです、量が多く、燦々と、無臭気、下腹部や手足が寒気がして、腰の酸っぱい足が柔らかくし、めまいもする、小便の清長、舌の質が薄くて、苔薄白、脉象弱々しい.この原因肾阳不足、帯脈制約機能がない、任脉固、陰精下落している.何首烏利点で肾阳、益の精密な止带.

泻肝風

何首烏その味の苦しみ、入肝経、具泻肝風サン熱の長.だから、肝风内動による病気に.

Copyright© 2012-2013 乳房に痛みがあって、どうしたらよいでしょうか? All Rights Reserved.