医学博士:回春の乳房鍵は50歳後に食べて食べて食べて

2016-06-28

すべての人はすべて健康なまでのことができることを望んで、最後に長い間病床優柔たい人などいないため、近年をますます重視を始めて高齢者健康だけでなく、飲食が少なく油が少なくて塩を揚げても始まって規則の運動、それでも、台灣臥床率はガンダム欧アメリカ家のじゅういち倍!この高い長びく率は少なくない国内の専門家、多くの高齢者の生活は生活してすべてとても健康で、どうして国内はどうして病気になってベッドの中の事例についていますか?

藤田紘一郎『ごじゅう歳以降食べない炭水化物』によると、中高年の人がいったん過剰摂取炭水化物、体内の細胞の酸化となる.中国の伝統的な家庭も、白米飯を主食として、国内の高長びく率の主因を招いて、大量の炭水化物は体の老化を加速して、やはり病気の主因をもたらした.

ちょっとおかしい、若い時は食事をしてから力がある、何か年が大きくなったら食べられないかと思ってます.実は何年も研究して、今すでに知って人体のエネルギーのエンジンは2種類あって、両者は人の一生の中にも同時に動作が、主従の別、五十歳前後と、主従替え.

50歳以前、支持人類の身体活動のエネルギーメーカーは解糖エンジンでは、燃料らばができ、炭水化物糖は製造皮膚や粘膜の骨髄細胞の原料として、その人の行動を作れる瞬発力はある.

無炭水化物ダイエット法が流行していると、若い人は炭水化物を摂取して、体がふかふかになっていたとしても.知命以前は体活動の主な燃料が糖、炭水化物を摂取しないと、他の栄養に不足しなければ、体もエネルギーが足りなくなることができない.

五十五以後、粒線体エンジンが体のエネルギーの支配になりました.人体は空気から酸素を吸っ、酸素を血液中に送って細胞に運ばれ,乳房、大量エネルギーが発生する.は、心筋細胞、脳細胞などが持続し続ける細胞、主要エネルギー源はすべて粒子体システムです.は粒ラインエンジンを提供することができない瞬発力のエネルギーが、その効率をはるかに超えて解糖エンジン.

これはなんや知命以上の人は手足を冷たい、大量に吸収して大量に酸素を吸収する方式で体を.このように、銀髪族は太極拳,ヨガなどの動作が穏やかで大量酸素の運動を吸収することができます.

50歳だから、体が一番必要なのは、酸素が、体内の解糖エンジンも続けて運転だが、体はもういらない多ならばができた.

このいったん摂取が多いならばができ,体は問題があって、元は粒ラインエンジン支配した時、解糖エンジンは出混ぜ返す、粒体を促す作用線の障害を受けて、体内の大量の酸素活性酸素>になる

Copyright© 2012-2013 乳房に痛みがあって、どうしたらよいでしょうか? All Rights Reserved.