女を補って自乳房己宫寒スープ

2016-07-22

女宫寒

はよくある病気、これは主に外来のため寒邪あるいは人体脾臓肾阳虚に生の内で女性胞宫内寒んじゃ.この場合には、以下のように、この場合には、いくつかの種類のスープ、処方によって自分で自分のすることができます.
いち、乌骨チキン
構成:乌骨鶏いち匹、当帰、黄耆、駆虫各きゅう、くグラム.
用法:ニワトリをきれいに洗って、雑に汚い、薬を入れて鶏内腹を線で縫合を入れ、砂鍋煮かすに薬が加わり、スパイス後肉食スープ、分に―さん度着終わって.月経前は毎日l剤、3―5回.
作用:内臓を強くする精神修養、役に立つ息の血;適用血気の不足による過少月経、経色稀に薄くて、くらくらし目がかすんで、動悸状仲、やつれて顔色が悪い、少ない腹空いてぶら下がって、舌の質が薄紅色、脈は細く.

に、帰に焼き羊肉
構成:羊肉の500グラム、当帰、生の各じゅうごグラム、かんきょうじゅうグラム.マトン用法:羊肉は、角、土鍋、洗浄の薬としょうゆ,乳房、塩、砂糖、黄酒,清水の各適量、肉が爛に角煮、常に服を.
声明:ピクチャーの出所ネットワーク、よう侵害ので、お知らせください
作用:温中補虚血を撮影して、益の息、適用气虚と月経量が多く、色の薄い質虚、顔色の地味に疲れ、神が、怠け者の言葉、舌の質が薄くて、脉弱無力.
さん、バイオ蜜膏
構成:当帰ヤクモソウの各さんじゅうグラムセンキュウ桃仁甘草丹皮各じゅうグラム焙じたショウガごグラム白蜜ごじゅうミリリットル
用法:前七味水500ミリリットル、煮取、300ミリリットルかすへ行って、さらに白蜜収膏あたり服さんじゅうミリリットル、日服さん度.
作用:血行をよくすること化瘀、温経调经 ;に適用されるんじゃと鬱血過少月経、色は紫黒、下腹部の膨れる痛みを押し血餅、拒否、舌や紫が正常に暗く、または点状出血,脈の細い絃渋い.

Copyright© 2012-2013 乳房に痛みがあって、どうしたらよいでしょうか? All Rights Reserved.