男女乳房が眠っている性問題

2017-06-12

p>とても柔らかい<ベッドが性:力

私は寝る、健康と密接に関係し、また私たちの性生活に影響を及ぼしている.アメリカ睡眠医学研究会の調査で,乳房、睡眠習慣の誤りの人、性生活の満足度も低くなります.以下はいくつか影響性愛品質の睡眠習慣にして、私達の専門家が分析を支えます.

p>とても柔らかい<ベッドが性:力

寝る時には体にとても柔らかいマットレス、中央部で転落、胴弧を構成、脊椎週囲靭帯と椎間荷重増加腰椎生理反り、長く続け腰背痛みを引き起こす.また、寝る软床筋肉を獲得することができない十分リラックスして、月日のたつ性愛時筋肉の力に影響を与える.清華大学玉泉病院的医学科教授指摘马晓年、性愛の中で、腰背部の筋肉の力はとても重要で、特に男性にとって、女と男に採用側位姿勢時、男性によって、腿部を助ける腰力制御性愛力.腰が悪くなり、性愛になりやすい.

支えます:マットレス硬軟ほどほどに、一般的にはベッドに体の各部位が近く、腰を支えてもらえる良い宜を.また、騒音、ベッドが大きく、ベッドがきれいになどの要素もあり、向上生活の質と生活質が向上しています.

p枕高:勃起に影響する

しかし、日本睡眠研究者は、年齢の違う年齢に近い既婚者の調査で、枕が高く、影響性に影響を与えるということがよく言われている.まず、長期枕高、脳血液循環が悪く、脳下垂体分泌ホルモンの機能が低下し、性欲をさらに影響する可能性があり、脳下垂体の血液循環に影響を与える可能性があるという.その次、枕が高く、心臓が圧迫されやすい、血液循環に影響し、長期血液供給不足、男性勃起不全につながる可能性があります.再度、枕の高は頚椎の健康に影響します、深刻な時性興奮の神経の伝導に影響して、更に性を下げて敏感に敏感に,性に敏感になりやすいです.最後、枕の高は気管が悪くなりやすい、いびきを強め、体内に酸素を酸欠、双方の睡眠に影響を与える、性機能に悪影響を与える.

支えます:自分の身長,体型を適当な枕の高さ.中国の睡眠の研究会の睡眠障害の専門委員会委員施明表示、あおむけに頭を保つと胴のレベルは宜、すなわちあおむけに枕高い1の拳、横向きに枕の高い1の拳半.枕の長さが肩よりも広い、小さい枕も睡眠の質に影響します.材質には、一定の綿の質の枕、枕、枕には収縮、そば枕.

Pは寝ていると、損傷性器<P>が腹ばいすべての睡眠姿勢において、うつぶせ寝ているのは最も不利だと言われている.施明によると、男性はベッドの上に伏せて寝て、圧迫陰嚢は、刺激のペニス、頻繁に影響をもたらしやすくて夢精、正常な仕事と生活を、また陰嚢の温度が上昇する、精子の生長に不利.女性はベッドに腹ばいて寝る、乳房奇形につながる可能性があります.オフィスのテーブルには、休憩に腹ばい、首を圧迫する

Copyright© 2012-2013 乳房に痛みがあって、どうしたらよいでしょうか? All Rights Reserved.