秋には秋にかけて、乳房秋にかけて、養生には「育てて」

2016-03-23

pは秋に入った後、陽が曇ってから.漢方医にとって、養生は“栄養を養う”の原則に注意して、元気に漏えいます.早起きは、陽気に伸びやか、早寝、パプリカ、パプリカ、唐辛子、フェンネルなどの発散性食品を食べることがあります.

の専門家によると、秋に入りした後、人体の陽の息が収め、鬼気渐增、天気が乾燥で、避けて乾燥している邪体への侵害を防ぐために、乾燥し咳をして病気の出現.暑さで潜伏体内から、早期の増加に過ぎないように服を起こさないように、内心の焦燥は宣散で、秋は発汗と催促を消耗させ、唾液臓腑不安.秋においついせき鼻は盛んで、飲食は減少辛味食品を防ぐためにおいついせき鼻を助長し、適切に増加させなければならなくて酸味食品を補いかんしゃくを避けるために、肺旺で傷肝.

漢方医は風、寒さや暑、ウェット、乾燥、火を六ガスと感じ、旬の邪気も違い、秋の主の乾燥している、正気の不足の人を受けやすい燥ガスに襲われて現れてやる、鼻干目、口、便秘などシリーズは乾燥が特徴の病気.この症状の最も根本的な原因は夏季に汗をかいて、秋季乾燥する気候はまた水分の蒸発を加速しました.

秋の乾燥を予防に、秋の人々は多く水を飲んで、体内に欠けていた水分を補充することに注意して、秋にはもっと多く飲んで、体内に欠けている水分を補充して.宜食食品例えばナシ水、肺を潤すこと梨膏、鮮クログワイ、麦冬、レンコンなど多くの肺を潤すことや、バナナ、柿、ホウレンソウ、松の実、新鮮な杏仁、落花生、カボチャの種、キクラゲ、キクラゲ、シラウオ、キノコ、ゴマ、潤の乾燥している.

あなたはまた、漢方薬を選択して体を整えます.同仁堂生産の生脉饮は益の息、養陰する効果、陰にガス2損失が、動悸、自然発汗.生脉饮党参院側の党参性質が穏やかで、乾燥しない飽きない、長期服用、火から助邪魔ガス.重症、血圧が低い場合は人参人参を使用する場合、重症、慢性疾患及び高血圧患者の使用に適している.

生脉饮処方源金張元素の『医学启源』、人参の成分は紅參、麦冬、五味子;党参院側は党参代替紅參.生脉饮主治医が温病熱伤气陰表現倦怠息が続かない怠け者の言葉、喉が渇いて汗脈マイクロなどの症状は、ガスの陰不足、亡津木表現を動悸が、脈のマイクロ寝汗などの症状は、肺虚咳が表現空せき痰や無の痰、ただ飲み込んで舌の乾燥している、舌赤でやって、脈虚細などの症状.西洋医学は、暑気あたり、急性感染性発熱性疾患、慢性気管炎、慢性咽頭炎、および亜健康状態、2、2けがの証、それを服用することができます.

この薬を服用している間、消化が容易に消化されにくく、風邪発熱患者は服用しないように注意しています.熱邪なんて見る、表証未解者、咳をしてまだ表証未解者を、糖尿病患者や高血圧、心臓、肝臓、腎臓などの慢性病の深刻な者は、医師の指導のもとで服用する.

(実習編集:刘秀琳)

Copyright© 2012-2013 乳房に痛みがあって、どうしたらよいでしょうか? All Rights Reserved.